スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄人

9月も半ばですが暑い日が続きますね。
どうも皆様☆
リックです(^_^)


さて我等がアニキ金本選手がついに現役引退を表明しましたね。
半ば球団から背中を押された形ではありますが…

恐らく本人はまだまだやれるという気持ちがあるとは思いますが、世代交代の波や世論の逆風、自身の成績の下降、そしてなにより完治しない肩の怪我が引退を決断させたのかなと…。

頭部に死球を食らいながら次打席で本塁打を打ち、左手を折りながら右手1本で安打を放つという離れ業を見せ、1492試合連続フルイニング出場という不滅の大記録を打ち立てた鉄人も最後は怪我に泣きましたね。

確かにここ2~3年のパフォーマンスは全盛期とは比べらないほど酷いものでしたし、戦犯扱いにも良くされていました。怪我が原因とは言えグラウンドに立てば1選手。それなりの活躍が出来なければバッシングを食らうのも当然なわけです。ただ、金本ならいつか復活してくるんじゃないかという期待も抱かせてくれる選手でしたね。

ついに引退ですが、ここ10年間の阪神の最大の功労者であったと思います。2度の優勝も成し得なかったと思います。

本当にお疲れ様でした。

次は指導者としてまた戻ってきて欲しいですね。




スポンサーサイト

久々のデスルーラ

いつの間にやら9月ですね。
どうも皆様☆
お久しぶりのリックです。


最近ドラクエⅥのDS版をやってます。世間ではドラクエⅩが発売されたばかりですね。(かなり不評のようですが…)

スーファミ版のⅥはメチャクチャやり込んだ覚えがあります。最終的にはぐれメタルを仲間にした記憶が…

で、久々にリメイク版をやったらなんだか敵が弱い?

後から知ったのですが全モンスターのHPが2割減されてるとかなんとか…

要は初見殺しの罠がひしめく名作だったのがただのヌルゲーなったと…

なんだかなーとか思ってたら地底魔城でホラービースト×2にベギラマ連発されて全滅しました。

Ⅵでも群を抜くトラウマモンスターの実力は健在でしたね。

てかLv10前後の頃にベギラマとかあんた鬼や!!

早くダーマ復活させて転職してーなー。全員一回魔法使いにしてメラミだけ覚えさせてあとは中盤過ぎまでメラミ無双ですね。

ではまた。













え?ハコテン牧場?ナンデスカソレハ?

エゴだよそれは!

うーん。関西でも計画停電ねー…。
人口が1億を優に越えていて世界有数の経済大国にもかかわらず、国土の7割が山で出来ている日本で原発止めたらそら深刻なエネルギー不足になりますわな。
確かに原発の事故は怖いけど毎日交通事故で何百人もの方が亡くなってる今の世の中で、そこだけ神経質になるのもどうなんでしょうかね。
というかそもそも原発で働いてる人の生活はどうなるのよ?って話。
他のことでも同じ事は言えますけどね。
例えば捕鯨。
鯨は人間の次に賢い動物だから捕るなとか絶滅危惧がどうたらとか、海外の過激な動物愛護団体が再三日本の捕鯨の邪魔してますけど、動物性たんぱく質が慢性的に不足していた昔の日本人にとって鯨ってのはとても貴重なたんぱく源だったわけですよ。捕鯨の歴史は古くは縄文、弥生時代にまでさかのぼるらしいです。そして日本人は当時から鯨の肉だけでなく内臓から脂から皮からヒゲに至るまで余すことなくすべてを活用してきました。恐らく世界で最も鯨のことを知っている民族なんです。そんな2000年もの前から鯨を捕っていた日本の文化が他国の圧力でなくなりかけているわけです。でも正直、今捕鯨が全面禁止になっても私達にとってはさほど影響はないでしょう。鯨が日本の食卓に登らなくなって久しい昨今、あまり我々の身近な存在ではなくなりつつあるのではないでしょうか?捕鯨が日本の伝統文化であることすら知らない人たちも増えているのではないでしょうか?
しかし捕鯨が無くなると困る人たちももちろんいるわけです。しかし今の私達は捕鯨が無くなると誰がどのように困るのかすらはっきり分からないというのが正直なところでしょう。
しかし反捕鯨運動に参加する人たちはいます。ただ捕鯨は野蛮な行為であるから、賢いから、絶滅しそうだからという理由で。捕鯨が無くなると困る人達の存在なんて知らずに。
というかそもそも生き物は賢い順に保護されるもんなの?何かおかしくね?

話は戻りますが、原発反対運動に参加する人たちは原発がどのようにして生まれ日本にどのような影響を及ぼし、どのような人たちが携わっているのかをしっかり理解した上で反原発を唱えているのでしょうか?
私から見れば反捕鯨運動とさして変わらないように思います。ただ鯨を守るという名目ではなく自分達の生活を守りたいというのが主な理由であるため参加者が比較にならないくらい多いというだけ。
もちろんすべてを理解した上でなお反対している人も大勢いらっしゃるでしょう。
確かに福島の事故を見ていると原発というのは怖い存在であると思いますし、辛い思いをされている方も沢山いらっしゃると思います。
しかしだからといって原発を無くせとは私は思わないです。原発に賛成とか反対とかいう問題ではありません。原発から受けている恩恵やそこで働く人たちのことを良く知らずにただ危険だから反対ということをしたくないからです。

なんだか反対運動をしている人たちの批判みたいになりましたが、決してそいうわけではありません。
原発の事故で辛い思いをされた方が反対運動をされるのもわかります。
ただ反対するなら反対するで生半可な周りに流されたような気持ちでなく、それなりの覚悟を持って臨んで欲しいと思うのです。


好条件 悪条件

                目指せ三冠馬!!~ハコテン牧場の奇跡~




前回ミソノブルボンに完敗を喫したフリテンリーチ君は年明け早々調子を崩し4歳(旧齢)初戦は3月の弥生賞となった。

この間、弟のツモギリリーチはスピスタ丈夫のコメントを貞治からゲット。

弟の評判を下げないためにも意地でも負けられない。

予想の印⇒  △‥△‥

うそーーん!

一番人気はウイナーズチケットでこんな印 ◎〇◎◎

確かに実際の弥生賞のウイニングチケットは強かったもんねー。トニービン産駒ながら右小回りの中山で後の皐月賞馬ナリタタイシンを完封してますからね。ベストレースといっても良い位。まぁ柴田政人にダービーを勝たせた馬ってイメージが未だに根強いですが…

でまぁ、ダビスタ内の弥生賞も当然の圧勝。

われ等がフリテンリーチ君は5着。何とか掲示板には乗ったョ。

その後またまた調子を落としたフリテンリーチ君。

何とか併せ馬を駆使して調子を上向きにさせいざ皐月賞へ!

森山アニキ「賞金不足で除外が確実です。」

そういえば………

思い起こせば3歳9月の500万下を最後に勝ち星から遠ざかっており本賞金は800万のまま。

このままでは皐月賞どころか6月には900万条件行きは避けられない。

急遽本賞金を稼ぐために京都4歳特別へと出走。


アグリキャップ ◎◎◎◎


いやいやいや…

ちなみに

フリテンリーチ 〇〇〇▲
イイゼセゾン  ▲▲▲〇

本賞金のためにもなんとか2着には入って欲しい!!頑張れフリテン!



結果


1 アグリキャップ
           7
2 イイゼセゾン
           ハナ
3 フリテンリーチ


おい!!!


ハコテン牧場産として三冠を期待されたフリテンリーチ、6月から900万条件馬に。

どうなってしまうのかーーー!!






つづく





ハコテン牧場の奇跡 第4話

春のG1も残すところ1つになりましたね。
どうも皆様☆
リックです。


              「目指せ三冠馬!~ハコテン牧場の奇跡~」


さて前回産まれたフリテンリーチも無事に3歳(旧齢)を向かえ王監督似の牧場長からコメントがいただける時期になりました。

「少しうるさいところがあります。気性面ではちょっとどうでしょうかね。」

とりあえずこれだけは言うなよ貞治!と願った1月1週目のコメントは

「とても落ち着いてる馬です」


よしよしよし!僥倖!僥倖!

その後スピスタ根性もコメントされ、フルコメ達成!

これは大物臭が漂います。

そして4月。入厩OKのお墨付きを貰い栗東のスパルタ調教が得意(ダートの短距離が大好き)な森山厩舎へ

牡馬の場合は美穂に入厩したほうがかなりローテを組みやすいのですが、競馬というのは関西の雑草馬が関東のエリート馬を倒すものなので僕はいつも栗東にしてます。

さてダート併せ強めを中心に鍛えていきいざ7月1週の新馬戦へと駒をすすめます。

気合ものって完全に…という絶好調で迎えた新馬戦。騎乗騎手は松三木を選択。

滝や小田部も空いてましたが彼等はずっと乗せ続けるのが困難なのでマッキーならぬミッキーを指名。

印は当然の◎◎◎◎

レースも4角先頭から5馬身突き放す横綱相撲で圧勝!

こんなところでは負けてられません。

その後調子を崩し2戦目は9月の500万条件戦。

ここも難なく圧勝しデビュー2連勝!

3歳最終目標を朝日杯に定め次走は前哨戦に京都3歳Sへ。

ここでシャナイカグラがでてくるも◎◎◎◎の1番人気。

全く問題なしかと思いきや道中逃げ馬の後にくっ付いてどんどんあがっていくフリテンリーチ君。

これはもしやかかったのか?

直線に向いてもいつものキレがなく失速。なんとか2着に粘ったもののここであえなく連勝ストップ。

ここからフリテンリーチの苦悩の日々が始まるとは誰が想像したでしょうか…

続く朝日杯。出てきましたよミソノブルボン。

ダビスタ3における最強ライバル馬は?と聞かれたらぼくはミソノブルボンと即答します。

スーパークリック、アグリキャップ、メジロマッコイーンと強いライバル馬は沢山いますが彼らとブルボンが決定的に違うのは、ブルボンが強豪ライバル勢の中で唯一の逃げ馬である点だと思われます。

しかもゲーム内でもかなり難易度の高いG1であるクラシックと朝日杯にしか出てこないのも考えると、正直ブルボンに勝った思い出がほとんどありません。

しかもここでブルボンが出てきたということは翌年のクラシックにも出てくるわけでして、まぁこの時点でフリテンリーチの三冠は夢に消えたわけです。

え?頑張って勝てよって?

湘北VS山王戦級の奇跡を3回起こせば夢ではないかもしれませんね。



そんな奇跡が起こるはずもなく朝日杯は並ぶ事すら出来ず完敗(4着)。

3馬身という着差以上の差を見せ付けられることに。

結局3歳時は4戦2勝という戦跡で終了。

翌年は弟ツモギリリーチもデビューを控える。

頑張れツモギリリーチ!!











つづく








ダビスタにはリーチという種牡馬がいます

1ヶ月前からヴィクトリアマイルはホエールキャプチャが勝つような気がしてました。
しかし買っておらず…

どうも皆様☆
リックです。


「目指せ三冠馬~ハコテン牧場の奇跡~」第三話


さて、牧場にきて1頭の産駒を残しただけで亡くなったアキタコマチ。

残ったのは唯一の産駒「ダブルリーチ」と10億の借金だけ。

というわけでダブルリーチにハコテン牧場のすべてを託します!

とは言いましたが、戦績ははっきり覚えてません。

まぁ、一言で言うなら「泣かず飛ばず」

確か牝馬限定の重賞2つくらい取っただけでケガして引退したような…

正直、そこまで期待もしてませんでしけどね。

さて引退して繁殖のために牧場に戻ってきたダブルリーチ。

初年度に何を付けるかでしばし長考。

ヘイルトゥリーズン系にはノーザンダンサー系がニックスになるのでノーザンテーストにしようかとも思いましたが、ここは安定Cの爆発力に期待してアスワンを種付け。

目指せメジロアルダン!

こうして産まれた鹿毛の牡馬。その名も「フリテンリーチ」

そして2年連続でアスワンを種付けし、翌年には全弟の「ツモギリリーチ」が誕生。

このフリテンとツモギリの2頭によってハコテン牧場は大きな転機を迎えることになるのだった!



つづく







コシヒカリでもササニシキでもなく

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?私は仕事してました。阪神は1勝6敗2分けでした。
どうも皆様リックです☆

さて少し遅くなりましたがダビスタプレイ日記の続きです。
興味のある人は読んでやってください。

「目指せ三冠馬!~ハコテン牧場の軌跡~」 第二話


えー、第二話とか言ってますが、前回のハコテン牧場は結局破産しました。

原因は牧場と厩舎とで預託料が違う事を失念していたため15万くらい足らず萬田金融にきっちり型にはめられました。

てへっ

というわけで、新生ハコテン牧場で再スタートです。

持ち金5億の借金10億スタートは変わらず…

取りあえず初期繁殖牝馬は即効で売却。何だったか忘れた…リボンシトロンかワスレナグサかそんなんだったような気がします。

ぶっちゃけ初期牝馬で使えるのはオオシマナギサとタケノマジックだけです。この2頭は無料種牡馬のマチカネイワシミズを付けるだけでスピードが異様に爆発して短距離重賞で無双できる馬がゴロゴロ出てきます。ただし、鉄板で気性難、おまけに脚部不安もほぼセットです。

ダビスタ3において気性は繁殖牝馬の能力、主に産駒にスタミナを伝える能力に直結します。気性難の場合優秀な繁殖牝馬にはなりえないのです。

ですから、オオシマナギサでスピード爆発配合して牝馬が生まれた場合は短距離重賞荒らしまくって稼ぎまくる。その後はプリンスリーギフト系の安い種馬付けて片っ端から売りさばけばまずまずの資金稼ぎが出来ます。

牝馬の実績が高ければ高いほど産駒の売却価格も高くなります。また産駒の産まれた時のスピード値によっても売却価格は左右されるので上記のようなスピード一辺倒の配合しとけばおk。早熟ならスピードの完成度がさらに高くなってるので尚良し。

スピードアップと早熟化のインブリードを持つプリンスリーギフトは打って付けなわけですね。

初期牝馬でその他に使えるのはスキップフロアくらいかな?

この馬に付けるのはノーアテンション1択。

ノーアテンションなんて現実の馬産界ではスーパークリークの親父ってくらいの実績しかなくはっきり言ってマイナー種牡馬の1頭ですが、ことダビスタ3に限って言えば全盛期のサンデーサイレンスですら歯牙にもかけない大種牡馬でして、最強馬育成において無くては成らない存在なのですね。

続編のダビスタ96以降は全く使えませんが…

さて、スキップフロア×ノーアテンションの配合は上手くいけば古馬G1総なめできるくらいの馬が出来ます。

ただ、オオシマナギサ×マチカネイワシミズほど100発100中というわけではなく駄馬もゴロゴロ産まれます。

それに加えてノーアテンション産駒はほぼ晩成に出るので初期牧場での資金稼ぎには正直あまり向いているとは言えないですね。

ただし、ごくまれにクソつえ~!って馬が出るのでやってみるのも面白いかもね。

さて少し脱線しましたが、今回ハコテン牧場が勝ったのは7歳の「アキタコマチ」

知ってる人もいるかもしれませんが名馬トウカイテイオーの母馬トウカイナチュラルがモデルの繁殖牝馬です。

アキタコマチにシンボリルドルフを付けるとトウカイテイオーが出来ますが、はっきり言ってめちゃくちゃ弱い馬しか産まれません。それもそのはず、種付け時に王貞治似の牧場長から「少しマリブーのクロスが気になりますが…」みたいな嫌なコメントをされます。

マリブーのインブリードは底力ダウンの効果があるので勝負根性が無い馬がわんさか出来ます。勝負根性がかなり大事なダビスタ3においては致命的なインブリードってわけなんですね。

さて、そんなアキタコマチに初年度はサンデーサイレンスをあてがいました。ぶっちゃけダビスタ3発売当時はまだサンデー産駒が走り始めて間もない頃でそこまでサンデーの評価も高くない時代でした。それでも全種牡馬の中で3番目の種付け額ですが…


こうして産まれたのが「ダブルリーチ」

記念すべきハコテン牧場1頭目は牝馬でした。

売却価格は3500万、コメントは忘れました。

うーん、まずまずか…

アキタコマチにはブックフルだらけだったために今回はニホンピロウイナーを種付け。

さあこれから牧場も忙しくなるぞ!と思った9月。


王監督「アキタコマチが今朝亡くなりました。残念ですがこれからも頑張っていきましょう。




うそーーーーーん。



一体どうなってしまうのかーーー!!??(ガチンコファイトクラブ風に)

つづく
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。