スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な恋人

前回のブログを書いた後、グレープフルーツジュースのことを
グレフルと略すのは、周りの反応を見て、
思ったより普通じゃないということに気付いた
マーチャオβのいしだです。こんにちは。


あれから、件のスーパーに行く際は、一度帰宅してから
立ち寄ることにしています。
淀川区の治安は、思っていたより良くなかったかもしれませんね……。


ということで、現在社員旅行期間中です。
飲み屋じゃない方の北の大地に、社員たちが入れ替わりで旅立っているのですが、
北海道のお土産といえば、白い恋人が有名ですよね。
わたしも結構好きで、時々、頂いたりすると、気がついたら1枚…次の1枚と
紅茶とよく合うよなぁ……なんぞ思ったりしますが、
ついこないだ、友人たちとチャットをしていると、友人Bが北海道に行ってきた!
というので、友人Aと共にお土産をせっついてみました。



友人A「ボクはうに丼でいいよ」

わたし「ボクはいくら丼でガマンしとく」

友人B「んなんお土産であるかっ!」




そもそもナマモノのお土産なんてなぁ……。
いくら丼が食べたければペリーのいくら丼行くしなぁ……
とか思いながらも話を合わせていると、脇で聞いていた友人Cが




友人C「せっかくだから、オレはこの白い恋人にしておくぜ!」

友人B「おk。白い恋人は余ってるから、今度持ってくわ」

わたし「お、ありがとう」

友人B「いや、いしだには『面白い恋人』でええやんな?」


(;´Д`)……??




そして、グーグル先生に訊いてみるわたし。

検索結果



時代は変わったなぁ……。
そう感じながら、その夜もグラスを傾けていました。

っていうか北海道のお土産ちゃうがなwwwwwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

本当におめでとうございます

マーチャオの社員さんは私の誇りです。

飯沼専務&β中嶋くんはすばらしい。

皆さん、北海道旅行のお土産に期待しましょう。

専務の偉業!

中嶋氏の偉業(?)

PERFECT 京都

31歳になっても何かと冴えない毎日を過ごしている鎌谷です。

今月は自身の誕生日以外にも趣味であるダーツ系のイベントが多い月

そんな10月の締めくくりにプロトーナメント『PERFECT 第11戦 京都』

に参戦する事になりました。

今年4度目の参戦になる今回、今年唯一の関西圏での大会なので気合は十分といいたいのですが・・・。

今年参戦した3大会全て予選落ち、予選成績は2勝10敗(泣)

今回こそ、今回こそ・・・と書き続けてはや約1年

未だに1大会2勝以上あげた事が無いんですよね。

金銭面、スケジュール的に12月の最終戦千葉は出場が微妙な為今回が2010シーズン最後かも。

何とか今後につながる結果を残したいものです。

forget me not

ここ数日の冷え込みは異常……! でもないか。
マーチャオβのいしだです。おはようございます。

風邪を引かぬよう、グレープフルーツジュースのストックを
切らさぬよう、日々過ごしております。

切らすとロクなことにならんからな……。





渇きの朝を迎えたその夜。
結局、その朝食べずにスルーしていた酢昆布を、
帰宅後に、のんびりとグラスを傾けながら頂こうと考えつつ、
切らせてしまったグレープフルーツジュースの補充も兼ねて、
コンビニに寄りました。

グレフルと共にスイーツを……と考えましたが、
特に気を惹くようなものがなかったので、グレフル1本だけ購入し、
コンビニを後にして、帰宅の途に着きました。

踏み切りに差し掛かり、遮断機が下りていたので待っていると、
そう言えば、帰宅後に食べる飯のことを考えていないことに気付きました。
どうしようかなぁ……。
目の前を、梅田発河原町行きの準急が走り抜けます。
遮断機が上がると、わたしの脇でクルマが動き出し、
自転車をこぎ始めながら、冷蔵庫の中に何が入っていたかを思い出していました。


ということで、最寄のコンビニより近い、24h営業のスーパーに寄る事に。
ご飯も炊いてないし、食材の余りを考慮して、
今日はうどんにしようと決め、スーパーの前に到着。


自転車を停めて、かばんを持ってスーパーに入っていきます。
他の食料品の誘惑を抑えつつ、食材を買い集め、
スーパーを後にしようとした瞬間……。







まぁ、他の店で買ったものを持ち込むのも気が引けるしなぁ……。
と、コンビニで買ったグレフルは、自転車の前籠に放置していたのですが。



あれ?



何処……??




わたしは、前籠にカバンと今夜の食材を入れ、一度帰宅した後、
再び、先ほどグレフルを購入したコンビニまで戻り、
折角なので、念の為にグレフルを2本購入し、家に帰りました。


あの店員さんの不思議そうな顔は、忘れることはないと思います。

31才の行動

朝起きて、梅田に出てファイトクラブをして、

昼飯食べて阪急百貨店で『北海道物産展』でメロンのシュークリームを狙うも1時間待ち(汗)

結局揚げていないドーナツ『しれとこドーナツ』やったかな・・・?を購入

その後よく行くダーツショップで夜までダーツして

晩飯食べて終わり。。。。。

普通の休日でした。

アゲハ蝶

おはようございます。
マーチャオβのいしだです。


今朝起きたら、やたらと喉が渇いていました。
起きたらすぐに飲むものと言えば、みなさんそれぞれ、
決まったものがあるとは思いますが、
わたしは大抵、グレープフルーツジュースを飲んでいます。

まぁ、体調を崩していたりすると、
この酸味がキツかったりすることもあるんですけれども……。


今朝も冷蔵庫を開けて、グレープフルーツジュースを……

と、思ったら、丁度昨日の夜に飲みきってしまって、
切らせていたことに気付きましたorz






うわぁ……。
部屋に戻ると、冷やし忘れたトマトジュースのボトルが転がっていました。
健康のことを考えると、減塩されたものを選ぶべきだとは思うのですが、
塩の利いていないトマトジュースはちょっと味気なく感じるので、
あまり減塩のものを選ぶことは少ないです。


というより、ただでさえ、喉の渇きを癒すというには少し微妙なものである上に、
冷えてないとか……。

そんな、やさしくも冷たくもないボトルの栓は切らず、
もういいや……なにか食べよう……と思ったら。








部屋にあったのは……。


Vinegar seaweed



酢昆布だけって……。








つ、つめたい水を……くださぃ……。

なぜ・・・

こんにちは。マーチャオβのいしだです。

最近店内に、しんじょう氏が
夏休みの工作で作ったであろう物体が、姿を現しました。

ぬまっぴ~。


その名も……
CRぬまっぴ~

条件を満たすと獲得できるスタンプを10個集めて、
3発の銀玉と交換し、その玉のうち、一番高い穴に入ったポイントを獲得出来る……!!

というのが、大まかな仕組みらしいです。


ちなみに、それぞれの穴にはスタッフが設定されていて、
わたしがやってみたところ……

1発目:ジュゴン副主任 3,000Point
2発目:イーピンマネ 7,000Point
3発目:しんじょう氏 2,000Point



と、この中での高いポイントを獲得出来るということで、
この場合は、7,000ポイント獲得となるみたいです。

何処かに入らなくても、下まで落ちれば200Pointみたいなので、
なんだ、最悪200Pointは貰えるのかー、と思っていたんですが……


完全に。


えっ?!

(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)

わたしは 0 Point?!


他にカヅオキやらタル、川村、中村君などにはそれぞれポイントが設定されていました。
(それぞれ300Pointやら350Pointやら)
髪にカレー付いてる奴に至っては、1,000Pointとか付いてるのに、わたしは0Point?!

しかも、台を見回してみると、到るところに私が居て、
あっちでも 0 Point、こっちでも 0 Point………ちょwwwwなにこれwwwww





聞きたい……でも聞けない……
なんて事は全くないので、この台を作成したしんじょう氏に、聞いてみると、

しん「いやぁ、なんかハズレもあった方がアツイじゃないですか。うっわ、またいっしーやwwwとかwwww」



おまwwwww



職場での立場を考え直したい今日この頃、皆様、如何お過ごしでしょうか。

わたしは……強く、生きようと思います。

Whispers of the Muse

マーチャオβなう。

マーチャオβのいしだです。こんにちは。


世間ではTwitterなるものが流行ってるらしく、そこでは、
とにかく誰かに今自分がしていることを知っていて欲しい……!!!
っていう様な人たちが、世間には、案外たくさんいるみたいで、
昨今のインターネッツの普及度は大したものだなぁ
と思ったりするんですが、ここをご覧の方の中にも、
ちょくちょく利用されている方はいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ちなみに、わたしはTwitter未登録です。
いや、だってさ、書きそうなことなんて……



・マーチャオなう。

・今から帰るなう。

・ログインなう。


くらいしかねーじゃん……。
とか思うと、いまひとつ登録する意味無いんじゃないとか思ったり。
なんかシフト中の出来事をツイートするのもどうなのかって
話はありますのでね……。


とはいえ、プライベートでも、出掛けた時のこととか
ネトゲやっててレア出た時とかなんかしょーもないことがあった時とか……





あれ?もしかして登録してみた方がいいんじゃね??
ということで、今度気が向いたら登録してみようと思います。

多分忘れてると思うけども。

終戦

どうも☆
β店に転勤して早1月になった西村です。

昨日の阪神対横浜戦において9回表にハマの主砲村田にまさかの逆転スリーランを浴び手痛い逆転負けを喫し、阪神の優勝マジックは消滅、逆に中日にマジック1が点灯し、タイガースの2010年ペナントレースは事実上の終戦となりました。昨日の試合の先発久保は8回を4安打1失点。ほぼ危なげないピッチングでした。本来なら完投ペースだったはずですが、昨日は矢野の引退試合ということもあり9回から藤川がマウンドに上がりました。恐らく最後は藤川とバッテリーを組んでもらって引退の花道を飾ってもらおうという首脳陣の考えだったのでしょう。
しかし捕手は城島のまま。ここで球場は異様なムードに包まれ、ライトスタンドの阪神ファンから矢野コールの大合唱が始まりました。僕は多分2アウトになってから出てくるんだろうなと思ったのですが、9回になっても矢野が姿を見せない事に苛立ったファンが少し暴走したのでしょうか?この異様な雰囲気に呑まれたのか藤川が連続四球で無死1,2塁のピンチを招き、4番村田の逆転弾に繋がるわけです。

僕は現地で直接試合を見ていたのですが、この試合についていくつか意見を述べたいと思います。

まずこの試合の重要性についてだが、残り7試合でM7という1つも負けられないという状況、しかしながらこの日は本拠地最終戦で尚且つ阪神を暗黒期から支えてくれた矢野の引退試合の日でもあった。
優勝するためにも、矢野の花道を飾るためにも負けられない試合である事に間違いなかったのですが、まだ優勝の可能性が残されていたチームである以上勝負に徹して欲しかった。8回を村田の本塁打1本に抑えたほぼ完璧な内容の久保を果たして代える必要があったのか疑問に感じる。確かに矢野の引退試合であるということを考えての投手交代ということも分からなくもない。ただそれなら9回の頭から矢野にマスクを被らせたほうがスムーズだったように思うし、ファンも納得したはず。それか、8回2死走者無しの場面でブラゼルに代打矢野でも良かったのではないか?この時結局ブラゼルは凡退に終わり、9回表の守備から関本に代わったのなら代打矢野→守備から関本で久保は続投。この形がベストだった気もする。確かに9回藤川が乱れるなんて想像もしてなかっただろうし、簡単に2死にして矢野にバトンタッチという腹積もりだったのだろうが、あの異様なムードの中で投げるピッチャーには相当なプレッシャーになったはずであり、それは百戦錬磨の藤川球児も例外ではなかった。球場のファンとベンチ、選手が一体となった時、甲子園という場所はすごい力を発揮するが、ファンとベンチがずれてしまってはやってる選手にはプレッシャーにしかならない。この状況下でベストパフォーマンスを見せろというのが難しい話なのではないか?今年何度も見た継投失敗による逆転負け。恐らく優勝するであろう今年の中日と阪神の差は直接対決の負け越し以上に、ベンチワークの差にあったように思う。
最後にもう一つ。
試合終了後矢野の引退セレモニーが行われ両チームの選手から花束が贈呈されたのだが、この時相手チームの横浜からは内川と逆転弾を放った村田が花束を持ってきてくれた。この時阪神ファンからは村田に対して大ブーイングが浴びせられた。情けないとしか言いようの無い瞬間だった。確かに村田の一撃で今年の阪神は終幕を迎えたが、勝負の世界である以上それは仕方のないことであり、むしろ2点差の9回に1発出れば逆転の場面で阪神の守護神藤川からその1発を打った村田は大したものでありさすがは日本を代表するホームランバッターだと思う。そして試合が終わってからも相手チームの選手の引退セレモニーに参加し花束までくれた選手にブーイングを浴びせるなんてのは、村田のみならず横浜の選手やチーム関係者に対しての最低な侮辱行為にほかならない。気持ちは分かるが相手をリスペクトする気持ちをなくしてしまってはダメだと思う。

今年一年楽しいペナントレースだったが後味の悪い終わり方になってしまった。残りまだ6試合残っているので最後まで頑張って欲しい。CSもまだあることだし。
そしてファンにはもっとモラルを持っていただきたいと感じた2010年シーズンだった。

果たして自由時間の名の下、聖地巡礼に費やせる時間は?

社員旅行なるものが毎年1回あるそうで、もちろんまだ1年も社員雇用されていない私は参加したことがないわけで。今年の10月の旅行が初参戦になるわけです。

行き先が韓国ならいかなる手段を用いてでも不参加を表明していたアルパカです。

多数決といういかにも民主主義国家的手段を用いて決定した行き先は、"試される大地"「北海道」


短期間の北海道旅行=専ら札幌になることは安易に想像できたため、とりあえず沖縄県の守礼門、
高知県の播磨屋橋と並び『日本全国3大がっかり観光スポット』と称される時計台はとりあえずコースに入っているんだろうな。競馬の北海道開催は終わってるな。海鮮料理を晩餐として貪れるのか。などといったあまり期待に胸膨らませるような想像はしていなかったわけであります。


てなことを全く考えずに行った先日の「クラブケイバ」真剣に予想をする私の眼に飛び込んできたある一文字。


札幌11R HTB賞

メインレースとはいえ、単なる1000万下特別のレース。そんなことはどうでもいい。

HTB。北海道テレビ放送。札幌。水曜どうでしょう。


前枠・後枠
北海道テレビ放送局

上は平岸高台公園。どうでしょうの前枠・後枠のロケ地。
下はHTB本社。

一ヵ月後、この風景に私が写っている写真をアップロードできることを願いつつ、今宵私は床に就く。


追記:札幌時計台も一応ロケ地でした。「全国絵ハガキの旅」にて。
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。