スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゴだよそれは!

うーん。関西でも計画停電ねー…。
人口が1億を優に越えていて世界有数の経済大国にもかかわらず、国土の7割が山で出来ている日本で原発止めたらそら深刻なエネルギー不足になりますわな。
確かに原発の事故は怖いけど毎日交通事故で何百人もの方が亡くなってる今の世の中で、そこだけ神経質になるのもどうなんでしょうかね。
というかそもそも原発で働いてる人の生活はどうなるのよ?って話。
他のことでも同じ事は言えますけどね。
例えば捕鯨。
鯨は人間の次に賢い動物だから捕るなとか絶滅危惧がどうたらとか、海外の過激な動物愛護団体が再三日本の捕鯨の邪魔してますけど、動物性たんぱく質が慢性的に不足していた昔の日本人にとって鯨ってのはとても貴重なたんぱく源だったわけですよ。捕鯨の歴史は古くは縄文、弥生時代にまでさかのぼるらしいです。そして日本人は当時から鯨の肉だけでなく内臓から脂から皮からヒゲに至るまで余すことなくすべてを活用してきました。恐らく世界で最も鯨のことを知っている民族なんです。そんな2000年もの前から鯨を捕っていた日本の文化が他国の圧力でなくなりかけているわけです。でも正直、今捕鯨が全面禁止になっても私達にとってはさほど影響はないでしょう。鯨が日本の食卓に登らなくなって久しい昨今、あまり我々の身近な存在ではなくなりつつあるのではないでしょうか?捕鯨が日本の伝統文化であることすら知らない人たちも増えているのではないでしょうか?
しかし捕鯨が無くなると困る人たちももちろんいるわけです。しかし今の私達は捕鯨が無くなると誰がどのように困るのかすらはっきり分からないというのが正直なところでしょう。
しかし反捕鯨運動に参加する人たちはいます。ただ捕鯨は野蛮な行為であるから、賢いから、絶滅しそうだからという理由で。捕鯨が無くなると困る人達の存在なんて知らずに。
というかそもそも生き物は賢い順に保護されるもんなの?何かおかしくね?

話は戻りますが、原発反対運動に参加する人たちは原発がどのようにして生まれ日本にどのような影響を及ぼし、どのような人たちが携わっているのかをしっかり理解した上で反原発を唱えているのでしょうか?
私から見れば反捕鯨運動とさして変わらないように思います。ただ鯨を守るという名目ではなく自分達の生活を守りたいというのが主な理由であるため参加者が比較にならないくらい多いというだけ。
もちろんすべてを理解した上でなお反対している人も大勢いらっしゃるでしょう。
確かに福島の事故を見ていると原発というのは怖い存在であると思いますし、辛い思いをされている方も沢山いらっしゃると思います。
しかしだからといって原発を無くせとは私は思わないです。原発に賛成とか反対とかいう問題ではありません。原発から受けている恩恵やそこで働く人たちのことを良く知らずにただ危険だから反対ということをしたくないからです。

なんだか反対運動をしている人たちの批判みたいになりましたが、決してそいうわけではありません。
原発の事故で辛い思いをされた方が反対運動をされるのもわかります。
ただ反対するなら反対するで生半可な周りに流されたような気持ちでなく、それなりの覚悟を持って臨んで欲しいと思うのです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長いんで三行でおねがいします

No title

うーん。まで読んだ

No title

>>alpaca

原子の力で
クジラが
あぼーん

>>王子

そこまで読んでいただければ言いたい事の8割は伝わったはずです☆

リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。