スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多数決

間違ったことでも真実にしてしまえる、唯一の方法。
幸せでなく示し合わせを追求する、積み木細工の方法。
僕達の不等式ー僕達の不当式。
人類が本当の意味で発明したといえるのは、
これくらいのものだろうーそしてこれは、人類史上もっとも見にくい式である。
阿良々木暦

僕、個人的にはこの
多数決というのが嫌いではないのである。
但しこれで全てを決めてしまうのは好きではない。
しかし、何かを決めなくてはいけない事も時もある。
それを、決める為の一つの手段ではあるとおもう。

そう、あくまでも手段の一つなのだと僕は思う。


僕は子供の頃から、決まり事や規則といった事が大嫌いで仕方なかった。
『決まりってなんだ?』 『誰が決めたんだ?』 『それは正解なのか?』
などと、自分が理解出来ないことは全てに反抗していた。
理解できない自分に何にも疑問をもたずにww

それが中学に入った時に、決まり事人間になるのである。

校則

一度も?と聞かれると疑問だが、校則を破ったことがない。大体・・・・
決まり事が大嫌いな人間から、決まり事を守らない人間が嫌いになってしまった。自分も含め・・・
大体、校則や決まり事を破る時と言うのは、自分に良い都合をつけてこれくらい大丈夫だろう?とか
ばればきゃ良いだろうとか、知らなかったと理由をつけるか、忘れていたとか
まぁ、自分を甘やかしているだけなんだと思う。
自分に甘い?自分勝手?
そう思われるのが、嫌だったのかもしれない。
だから、変わったのかもしれないけど、もう覚えていない。
今も、決まり事を守らない自分も、人も好きではない。
嫌いではないけど、好きではない という表現にしよう。

何が言いたいかわからなくなってきちゃったけどww
個人の個性や主張は、大事だと思うしそれがなければ人として、つまらないけど
ルールを守った上での事であって欲しいと思う。
では、ルールとはなんだ?誰がきめたんだ?
そう思う自分もいないことはないが、皆が好き勝手やって、好きな事いってたら
決まるものも決まらないではないか?

そう、やはり決めなくていけない時や事があるのだ。
だから、人は 多数決 という手段を選んだんだと思う。
そして誰の為に、その手段を選んだんだろう?
やはり、人の為だろう・・・と僕は思う。

僕は規則人間だけど、変わり者とよく言われる。
僕は変わり者でも良いと思っている。
それが、人に迷惑をかけない範囲の変わり者であれば。
僕はピカソの絵が大好きだけど、ピカソの絵が嫌いな人を嫌いではない。
でも、挨拶をしない人は嫌いだ。
その人にとって、挨拶が大した事でなくても。
僕は、仕事が大好きでしかたないけど、仕事が嫌いな人を嫌いではない。
でも、職場で決められた事を守ろうとしない人は嫌いだ。
その決まり事が自分にとって、どうでも良い事であっても
自分以外が決めた事でも、守ろうとする気持ちは持って欲しい。

何だか、偉そうな事をいっているようだけど、僕自身への言い聞かせなのであったりする。
再度、僕は全てを多数決で決めるのは正解ではないとは思うけど、
間違ってもいないと思う。
あくまでも、何かを決めるための手段の一つだと思う。
そして、決まり事は守ろうとする事は大事なのである。

化物語を見ていて、ふとこんな事を考えてみた。

蒼穹のファフナーのフリーズが引けないww
さて、多数決を取りたいのである。
僕はひけるか?ひけないか?
皆様の投票を待つのだ(・∀・)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

引けるに1票
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。