スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最悪の初デート  最終話

史上最低の初デート2の続きです。


いよいよ時間もなくなって来て、何に乗るかあせっていた。

自分が乗りたいのはジュラシックパークだった。

僕「何か乗りたいのとかある?」

女の子「うーん、特にないかなあ?」

僕「じゃあジュラシとかどう?」

女の子「え~、こわいな~。あともう濡れるのいややな~」

と、ちょっと引き気味。

しかし僕は、前から3席より後ろは濡れないのをしっているので、

「後ろに乗れば大丈夫やで。恐いといっても一瞬やし。」

(というか、俺のほうが恐がりやし…。男失格やな俺…)

「じゃあのろか。」と了承。

幸いにも、時間のせいか待ち時間が10分だった。

すぐに順番がきて、前から3席目に座る事に。

「発車します。」

プシュー。



(ちょっと待てよ!!!!!!)

僕は最大の欠点をすっかり忘れていた!!!

それは決してやってはいけない事だろう…。

しかしジュラシは遠慮なく進んでいった。

ガタン!!

あっという間に最後の上り坂に行き、そして、

ごおおおおお!!!

ばしゃーん!!

…。

…。

僕「思ったより濡れたね…」

女の子「濡れすぎちゃう!」

またしてもやってしまった…。

しかし、心配してたのは、この事ではないのだ!!

問題はこの後なのだ。

女の子「ねえ、写真見てみよう。」

これだ!!!

俺「いや、やめとこうや…」

しかし、問答無用に連れてかれた…。

乗った事ある人は知っているだろう。落ちる瞬間に上から写真をとられることに…。

そう。僕の昔を知っている人はもう感づいてるだろう…。

写真を出してるところがザワザワしている。

「おい、あれ」

「ヤバイ、ヤバイ!」

…。

そうなんです。そんときの僕、




ハゲてたんだな!!!!!!!!!!!!


そのあとは、普通に帰りました。

今はモチロンその女の子と連絡はとっていません。

いかがでしたか??

これほど最悪なデートは皆さん経験ないでしょ?

生きる希望が湧いてきたでしょ?

マーチャオに来て僕を見かけたら、指をさして笑ってください。

長いブログですいませんでした。

それではバイチャ~♪ヽ(*゚∇゚*)ノ~*:・'゚☆
      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上向けませんかー?wwwwwwwwww

お疲れさん…

・・・・・・強く行きるんやで(>_<")

せつなすぎるwww

こーめーかわいいよこーめー
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。