スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶屋町にある、Mから始まる名前の店

こんばんは。マーチャオβのいしだです。




先日、すごいヘンな夢を見ました。

茶屋町の入り口辺りに、現在はパチンコ屋さんと飲み屋さんが入っている
ビルがあるんですが、そのビルは昔、映画館とボウリング場、
ゲームセンターにファーストフード店がある、
アミューズメントビルでした。

若き日の僕は、そのビルの1Fにあるファーストフード店で
アルバイトをしていました。

そのお店が復活するという話になっていて、
昔のマネージャーが僕のケータイに電話を掛けて来て、
数時間だけシフトに入ることになりました。

僕にTelが掛かってくるくらいなので、当然人は居ません。
僕が店に着くと、そのマネージャーとバイトの女の子がひとり。



マネ「じゃ、俺とこの子でカウンター回すから。いっしー頑張ってね( ̄▽ ̄)ノ」



ま、マジかよ……。
広いキッチンを縦横無尽に駆けながら、
時々マネージャーのフォローをもらいつつ、
サクサクとハンバーガーを作る僕。
まだまだ作り方覚えてるもんだなぁ……と思いながら、
テキパキとハンバーガーを作っていきます。
そんなこんなでハンバーガーを作ってると、女の子の休憩タイムになりました。


マネ「よし、じゃあ、次はいっしーがカウンターや( ̄▽ ̄)ノ」

ということで、マネージャーにキッチンをお願いして、
僕がカウンターに出る事に。
とはいえ、ピークの時間も過ぎ去って、割と落ち着いていたタイミングでした。
すばやくホールを回って、使用済みのトレイを回収。


僕「ふぅ……( ´ー`)」

カウンターに戻って、ホールから回収してきたトレイを拭いていると、
客席の方からスタタタターとお客さんが小走りでやってきました。
あれ? 僕はそのお客さんに見覚えが……。
確かに此処も茶屋町だし、別にあの方が来られてもおかしくはない……

けど……


そして、目の前にやってきたそのお客さんが!






K.Tさん「あっちゃ(あつ茶)、ちょーだーい ((((((( ‥)ノ」




僕「いや、ここ、○クドやから!」





マーチャオβでは、いつでも美味しい熱茶をご用意しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

で、どこまで作った話なん?(笑)

さすが小説家は書くこと違うな~(´・ω・`)

No title

>>>も~みん
最後の一行だけ作りました。
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。