スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼けの中に吸い込まれて消えていった

本日もお店が暇です。掃除は飽きたので、ブログ業務(フリだけ)でも頑張ろうかと思い立ちました

こんばんは!来月から夕番で掃いて捨てるほど顔を見ることになるだろうβの麻雀神、樫詰です。
神って何?という疑問に答えることは今はせず、(今更後に引けないんですよ)
僕が5月末に東京へ行ってきた時の話をします。

そもそも何しに東京へ行ったのか?今回の場合、僕には3つの目的がありました。
一つ目は、オンリーイベントの中では最大規模を誇る「博霊神社例大祭」に一般参加しに行くためです。
具体的に言うと、「東方Project」の二次創作作品を見たり買ったりしました。
「東方Project」っていうのは、かわいい女の子がいっぱい出てくるシューティングゲームです。

fab1463d.jpg
↑東方の原作キャラ絵。萌え絵ではないでしょ?不思議な魅力があるのです

『じゃ、お前はそのかわいい女の子が好きで仕方ないってわけ?』
いやいや、事はそう簡単ではないのです。もちろん女の子はかわいいのですが、
僕が東方の同人に価値を見出しているのは、「絵がかわいい」からではなく「話が面白い」からなのです。
こんなことを言うとバカにされそうですが(もっと面白い本は他にあるだろう、という意味で)、
東方の界隈には、とにかく人が多いので、クソつまんない(と僕が感じる)話しか描けない人も腐るほどいますが、
僕の琴線に触れる作品をコンスタントに生み出せる作者もいます。
基本的に僕が買うのは全年齢向け(非エロ)のギャグ本なのですが、
ギャグ漫画には「間」や「表情」、「台詞回し」が非常に大切だと考えています。
その三つを秀逸かつ僕好みに仕上げてくれる作者が結構いて、そしてその多くの持ち味が
その作者の作品でしか味わえないテイストに仕上がっているのです。どれも結構人気サークルだったりします。

話が脱線しました。正直、東方に関しては僕はニワカ中のニワカ、
同人界隈に関してはニワカ中のニワカ中の更にニワカ、漫画論に至っては素人ですらないので
恐れ多くてあえて語ろうとは思わないのですが、語ろうと思えば
息継ぎ無しで10分くらい喋り続けられる自信はあります。
もし同人イベントの話とか、ニコニコ動画の話とか、僕に話しかけて頂ければ、喜んで応対します!

β店は、スタッフもお客さんもちょっとオタクが少なすぎると思うんですが……きっと隠してるだけですよね!ね?

そして二つ目の理由。東京の人気雀荘を偽名でめぐり、白ポッチをツモるためです。
次回、雀荘巡り編に続きますん。(現在原稿進捗度:0%)

タイトル kemu feat.IA 「六兆年と一夜物語」  http://www.youtube.com/watch?v=0asCl6z_WII
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とりあえず一緒にQMAしにこうぜ!!

No title

さすがにコテハンvipperにはかないません
リンク


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。